ブログ

「夫婦犯罪」を観てきました

こんにちは。
今日はキャスト紹介最後の一人、栗原茂氏の紹介ですが、その前に・・・。

2月11日(土)「夫婦犯罪」作・演出 水谷龍二(本多劇場)を観に行きました。

いや~あ、片桐はいり は天才だ。どうみても奇形なのだけど、それは外形で、可愛い人間の内面の奇形を実に楽しく見せてくれるのです。
彼女が“うんこずわり”(失礼)をするだけでとにかく笑えます。

辺見えみりちゃん。結婚おめでとう。いいところに目をつけたね!
昨年は「丹下左膳」で2ヶ月一緒で、お母さんのマリさんにも会わせてもらい、嬉しかったです。とにかく素直。今回はいよいよ本領発揮。人間の品の良さのなんたるかを見せてくれました。素晴らしい。

そして昇太さん。女房が万引きした金で食わせてもらっていながら、育ちの良さを(大物政治家の息子)特別なことをするでもなく二人の相手役との、話の聞き方・見方で表現できてしまう。
三田村組にも、これで二度お誘いしていますが、なんせ売れっ子。まだ実現していません。いつか舞台上で昇太さんと目線を交わしたいと思っています。

終演後、水谷さん、阿知波悟美さん、上野ハコちゃん、轟二郎さん、栗田かおり、昇太さんらと“鳥海亭”にて飲む!

流石の阿知波さんも「はいり」に脱帽!
この三人の組み合わせに皆も感服!!
水谷さんもほとんど“ダメ出し”はしなかったとのこと。三人で読み立つうち、ほとんど芝居が出来てきたと話していました。

阿知波さんは、今秋コットンクラブ(中西良太、河西健司)公演「賭けること」で全国を廻るとのこと。この話から皆で、今、お芝居に人が集まらないと言う話に花がさきました。
僕らが芝居を始めたころと、演劇を鑑賞する人口にあまり差がないと言うこと。その割、役者は10倍以上(ひょっとすると100倍くらい?!)増えていると言うこと。なんとかもっと手軽に安く、そして安心して観られるシステムなり内容を作ってゆかなければ、と思いをめぐらせております。

そうこうして盛り上がっておりましたら、隣の席に同年代の演劇評論家“衛紀生”氏が、20代前半の女性5.6人を従えて飲んでいるではありませんか。しかも皆「先生!」と言う感じなのです。さっそく乱入!

衛さんと、柴田瑛子(奥様)の仲人は自分であること。衛さんがかつて柳美里とつきあっていて、三角関係(瑛子さんではありませんよ)のもつれで夜中に西麻布の我が家に美里とやってきてもめたことなどをバラし、衛さんの若いゼミの子達に7月の三田村組を見に来ることを約束させました。

まあ、久しぶりに楽しかったけど、外に出ると金がかかるね。
観劇料4000円、交通費580円、鳥海亭一人5000円、夕食850円。軽く1万オーバー。
昨年の秋まで、年間130本芝居を観ていた事が信じられません。とにかく今は稼がなければ!

…しゃべりすぎました。
栗原君の紹介でした。明日は必ず。

2006-02-17 | Posted in ブログNo Comments » 

 

キャスト紹介:栗原茂氏

お待たせしました。キャスト紹介、最後は栗原茂くんです。

一見、年齢不詳なこの男。実は今回の出演男性の中で、一番若いのです。顔も身体も、強面なので、若さが隠されているわけですね。
実はこれが役者としては得!
いい人をやれば、二枚目よりも実が見える。クセのある役はより深みと迫力が出る。

流山児★事務所の芝居は塩野屋氏との長いつきあい上、ずいぶん観てますが、客演したのは一度きり。1999年6月の「みどりの星のおちる先」。栗原君をハッキリ認知したのはこの時からです。
(ついでですが、この芝居に東京オレンジの泉陽二が出ていて、何とボクと恋人役(故有名プロ野球選手の奥さん役)で出会い、その後、三田村組の若い者頭名乗るようになりました。)

さて、栗原君に戻りますが、ボクが注目しだしたのは「白鷺城の花嫁」(ラサール石井作・演出 スペース・ゼロ)正月公演でした。実にいい味を出しており、心に焼き付きました。
それからは「イエロー・フィーバー」(両国シアターX)、「国粋主義者のための戦争寓話」(演劇企画集団ザ・ガジラ 出演ベニサン・ピット)、「夢の肉弾三勇士」(スペース早稲田)、「SMOKE~LONG VERSION~」(下北沢ザ・スズナリ) 等、ボクが観に行くごとに塩野屋さんに負けない存在を示すようになってきました。

実生活でも年に似合わず苦労人で(これは言わずが花)今回もいよいよ本領見せてくれること信じております。

3月8日からは、江古田ストアハウスで「こころ」という芝居にも出演していますよ!久しぶりに芝居を観たり仲間と飲んだので、興奮して話が長くなりました。本日はこれにて!

2006-02-17 | Posted in ブログNo Comments » 

 

キャスト紹介:加藤亜矢子君

さて、今回の唯一の若手、加藤亜矢子君。通称“アヤパン”。

若い若いと思っていたら、本年三十路ですね!!
話をするとトンでいて、現代っ子という感じなのですが、芝居をやらせると“オバタリアン”の役が実にはまります。前回“分署物語”で、年に近い22、3の役を振ったら、これが実に苦労しました。まだ今の自分を見つめきれていないのかも?!
でも、とても優しいおおらかな人です。
ただ、ミュージカル科を卒業したのに、歌は大好きだけれど踊りはダメみたいです。

趣味は“一人カラオケ”だそうで、ボクにはとても出来ません。本当はやれたら楽しいとは思っているのですが!
そんな彼女は、我々年寄りをうならせている蓬莱君の“モダンスイマーズ”に5回も客演しているということは、やはり太い才能を買われていると言うことでしょう。
今回2度目なので、もっともっとアヤパンに肉迫してみたいと思っています。

どうぞよろしく!

2006-02-13 | Posted in ブログNo Comments » 

 

今回はちょっとボク、三田村周三のことを

今日はちょっと、ボク個人のことをお話ししてから役者紹介に移ります。

実は昨年、事務所(サワズ株式会社)からほとんど、というか一本も仕事が来ませんでした。と言うのも伊東四郎さんが独立して以来、勢いを失った事務所ながらもボクのマネージャーは頑張ってくれていたのですが、一年半前、その彼が会社とトラブル。やめてしまいました。そして若いマネージャーに代わったのですが、なかなか61才のボクを売り込む事は出来ず、仕事は減る一方。それでも、水谷龍二さんの応援などで“丹下左膳”“火焔太鼓”等、商業演劇の舞台に立たせて頂き食いつないでおりましたが、三田村組プロデュースでお金を使いすぎ、昨年の“分署物語”の借金を返済できないまま2006年を迎えることに。昨年の5月の明治座以来、ほとんど収入が無い状態で8月の“分署物語”。そしてWAKUプロデュース“ありえねえ一夜”等の舞台をやっていました。
いよいよ焦りまして、11月より、昔、“中村座”時代の仲間がやっている“植吉”という植木屋さんで働いております。しかし、暮れはいいのですが、正月からはなかなか手入れの仕事もなく、今は松竹園という別の下請けで公共事業などの仕事をもらって日々、肉体労働に打ち込んでおります。
当年62才になる身には、結構キツイです。
しかし、おかげで体重3kg、ウエストはベルト穴ふたつ分細くなりました。そんなこんなでとてもプロの役者と言える生活はしておりません。

しかし、心意気だけは健在!なんとか7月、大勢のお客さまにいらして頂き、集まってくれたこのプロの役者さん達にキッチリとギャラを払えるようにと、制作の上田さん、宣伝美術の由比さん、とガンバっております。

まあ、42.3年の役者生活で、今が最後のふんばり時かなと思っております。お一人でも多くの方が劇場に足を運んで頂けるますよう、心よりお願い申し上げます。

さて、自分の現状報告が長くなりましたが、次回は今回唯一の若手、加藤亜矢子君についてご紹介いたします。お楽しみに。

2006-02-11 | Posted in ブログNo Comments » 

 

チラシの写真。

今度のチラシに使われている写真。

『仰げば尊くなし』ということで、なんとなくお判りかと思いますが学校モノ(?)
もちろん、みなさん現役生役ではないですよ。(笑)

「ある級友の死をきっかけに催された同窓会。
   誰が呼んだか、あの嫌われ者の教師が現れた-。」

ということで、おそらく三田村さんがあんな感じの役で、あの方があんな感じで、ああいう雰囲気の話かしらムフフ(妄想)と勝手に盛り上がってるのは、私だけではないはず。(笑)
※あ、チラシにはガクランの三田村さんは載りませんよ。悪しからず。

その『仰げば尊くなし』に使うことになった写真は、なんと三田村さんの母校。
重厚で厳格な、それでいて懐かしい門構えは、そうそう近所の学校ではみられません。最初にその写真を見た時に、蓬莱さんはもちろん、みんなグッと引き込まれました。

いや、それより引き込まれたのは、初々しいガクランの三田村さんか?いや、そのクラス写真に写ってた初恋のカノジョだったかしらん。(笑)

まだ大々的に公開できませんが、3月はじめには刷り上がる予定。お楽しみに!

2006-02-10 | Posted in ブログNo Comments » 

 

キャスト紹介:高乃麗

高乃 麗。愛称チャコ。

出会って20年近く、これほどトコトン一緒に芝居をやった女優さんはチャコ一人。
先日、紀伊国屋演劇賞個人賞を取った梅沢昌代もずいぶんやりましたが、今は向こうが有名になりすぎて間が空いてますから、“今も”の意味で一番です。

最初の出会いの時は「モード」の旗揚げですが、若くて美しくてきっぷが良く、声がめちゃハスキーで、歌がモロうまい!
歌で稼いでいると聞かされ、公演終わってゆっくり飲もうと思ったら消息しれず。単身渡米、“アンナ”出産。何とも俺に縁がないと思ってたら、その後、モードで何本か一緒。そしてボクの第一回目のプロデュース“ハミングラン”に出演。そこから本格的につきあい(男と女じゃねえよ、当たり前だが)ボクの書いた『総武線の最終電車で東京スポーツをかぶって寝てしまった中年サラリーマンの見る夢』の中に出てくる高級クラブのママ役。黒の胸の空いた背中モロだしのドレスが色っぽかったネ!

それからは「やじろべい」。組長(ボク)の妻(アル中)、「分署物語」の保田さん、そして極めつけは“赤い羽根”の歌舞伎町ナンバー1ソープ嬢“桜姉さん”役。
ほんとチャコでなければ引き受けてくれないし、また、引き受けてもモノにならない様な役ばかりでした。

お互い六本木をはさんで、赤坂と西麻布。チャコはキャバリア、ウチはコーギーの犬仲間でもあります。

チャコ……、口は悪いし、多少酒ぐせも…しかし心がいい。何より生きることに真面目。
そうそう、三田村組の舞台のことばかり書いてしまいましたが、彼女はその声が商品。声優さんとしては人気者。
アニメ「サクラ大戦」のマリア・タチバナ役をはじめ、多数TV「金持ちA様×貧乏B様」のナレーション、「ニキータ」シリーズ、ニキータ役。「FB・EYE」ルーシー等、数え切れない役をこなしています。そして「サクラ大戦」の舞台では、厚生年金会館青山劇場を満杯にするスターさん。
そんなチャコが何故、この三田村組?と思われるでしょうが、答えは7月の舞台でお見せします!

CDもイイヨ!

2006-02-08 | Posted in ブログNo Comments » 

 

1 95 96 97 98 99 100