ブログ

三田村近況 2019.7.23

もうブログと呼べないでしょう、“一人言”です。

役者引退を考えだして2年。昨年、これが最後と出演した『雪虫』が北海道地震により延期。それが今年の8,9月上演することに決定しました。

道産子男闘呼倶楽部『雪虫』北海道公演
詳細はこちら

セリフは何とか言えるのですが、日常生活(主に稽古が)大変!
口が少ししか開かないため、ものを食べるのがなかなか大変。結局今年の1月からまた3回ほど口内が崩れ、体重も6kgほど減り54kgになりました。身長も縮んでいたので、特に問題なく、むしろ腰、ヒザなどは痛まなくなりました。

二度と役者はやらないというようなことではなく、稽古が支障なくできる身体になったら何かできることを細々でもやりたいとは思っておりますが、とりあえず、今は生活費と治療費を稼ぐことに専念しております。

折悪く、引越も余儀なくなり、このたび無理やり決行しました。
港区白金にある、1階四畳半、2階四畳半の築56年一戸建てです。なかなか快適です。

 

芝居仲間とあまり会えなくなって、つい“俺の人生は?”などと考えてしまうのですが、先日2019.6.1の東京新聞『筆洗』というコラムにちょっとスッキリさせられました。

▶人は年を重ねると過去も麗しく思いたがるものらしい。自分の人生はよいものであったと考えたいがためだ。
▶〈記憶は我々の選ぶものを見せてくれずに、自分の好きなものを見せてくれる〉
▶見るべき過去を見ることができるか否かということ
▶〈すぐれた記憶は弱い判断力と結びやすい〉—薄れる記憶は美しい過去を生み、判断力を鈍らせる

2019.6.1 東京新聞 コラム『筆洗』より一部引用 ※書き写しのため誤字脱字などご容赦ください

〈 〉はモンテーニュの言葉だそうです。
自分の過去を考え出してから、トランプのアメリカファースト、またはヨーロッパで起こっている極右の台頭など、いろいろと符合することが分かってきました。

75歳になりましたが、一日一日を前向きに、残り少なくなってきた年月を楽しめるように向き合いたいと考えております。

 

令和元年7月23日

三田村

2019-07-24 | Posted in ブログNo Comments » 

 

三田村より今年最後のお願い!

今年最後のお願いです!

健康上というのが一番の理由なのですが、今回より年賀状を書くことをやめることとしました。
毎年賀状を下さってる方には大変失礼いたしますが、
「おや、あのジイさんから今年は賀状が来ない、死んだのかな?」と思った方がなんとかこのブログにたどり着いてくれることを祈ってやめます。

医者は足の骨を移植しろと言っておりますが、とりあえず上演が決定した札幌公演(2019秋)と引越(2019暮れ)が終わるまではこのままのスタイルで生きていこうと思っております。

どうぞよろしく。

 

三田村

2018-12-23 | Posted in ブログNo Comments » 

 

三田村近況 181219

超ご無沙汰しております!
『雪虫』が終わって今週末で3ヶ月がたちます。何をしていたかと言われれば、ただただ働いておりました。朝の掃除(7〜10時)、養成所、舞台の手伝い、植木屋。何とか今年も年を越せそうなくらいは稼ぎました。

体調はというと、良くないです。アゴの崩壊は進んでいるようで腫れも大きくなり、1日2回はガーゼを取り替えております。
先週あまりの痛さに「アゴにモルヒネかシャブでも打ってくれ」と医者に言ったら、慢性疼痛に使用するロキソニン(痛み止め)と、同時使用可能なトラムセットという薬を出してもらって、昨日あたりから多少痛みが和らぎ、今こうして書き物をしております。
が、副作用の眠気が激しく、ものを食べるたび、30分くらい引き込まれるように眠ってしまいます。しかし、全体的には、この一年間で左下の奥歯が全て消えて、左前アゴの骨がかなりやられましたが、先生が言うには、進行はかなりゆっくりになっているとのこと。また、左内アゴの歯ぐきが血色良くなってきているので、一概に望みを捨てなくともいいかもしれないというわずかな言葉にすがって、必死に柔らかくした食べものを飲み込んでいます。

 

さて、今年の台風による停電で延期になった『雪虫』北海道公演ですが、2019年の9月に決まったようです! 嬉しいやら…嬉しいですが…!!頑張ります。

そしてこの度、『雪虫』のビデオを見たら、自分のつまらなさに圧倒されました。つまらないだけならともかく、思っていた3倍は老け込んでいました。ですから、もう一度できることはありがたいことだと考えて、心と立ち振る舞いまで含めてやり直せたらと思っております。

今まで、三田村組や張ち切れパンダのビデオを見ても、これほどのショックはなかったのでこれが現実なのだと思って向き合えたら!
もう少しアホらしい元気な小峰義明を創りたいものでーす!

最後に来年の12月には、何が何でも今の家を出なくてはならないので、従って西麻布での正月は今年が最後。平成と共に終わりますので、アゴの腫れたジジイに会いに来てくれるのをお待ちしてます。

なお、僕も妻も正月4日が仕事始めなので、できれば1〜3日に来てください。4日以降は夕方からということで。

 

では、皆さま。良いお年を!

 

三田村

2018-12-19 | Posted in ブログNo Comments » 

 

11/2 テレビ東京『昼めし旅』出演します

先日、さっちゃんと散歩をしていたら「これから夕食ですか?ついていっていいですか?」と言われて、そのまま3時間ぐらい撮影されました。

芝居の話から妻とのなれそめ、小中高校の話に遡り、またその後も3時間ぐらいの電話取材が後日あり…。どんな風に編集されてるのかドキドキです。

ディレクターの女性がけっこう芝居の事を知ってました。放映が楽しみです。

お時間ある方はぜひご覧ください!

 

三田村

 

 

テレビ東京『昼めし旅』

11/2 ひる11:40〜

2018-10-30 | Posted in テレビ, ブログNo Comments » 

 

道産子男闘呼倶楽部 北海道新聞に取り上げていただきました

道産子男闘呼倶楽部。北海道新聞10/11に取り上げていただきました。北海道公演、実現目指して頑張ります。

2018年10月11日 胆振東部地震 東京の道産子劇団員 古里に笑顔届けたい

(スクリーンショット)

2018-10-12 | Posted in ブログNo Comments » 

 

道産子男闘呼倶楽部 第2回公演『雪虫』東京公演、無事終了しました

一昨日、道産子男闘呼倶楽部 第2回公演『雪虫』、無事千秋楽を迎えることができました。
ありがとうございました。そして、本当にホッとしました!

いつ、顎の骨が崩れてしまうのか不安でしたが、稽古中腫れていた顎が化膿して爆発し、そこからは状態が安定して楽日までもちました。
また、今回はその人の仕事を一度も観たことのない、演出家 赤澤ムックさん、女優 徳橋みのりさんとの共演。北海道公演の無期限延期…と、体調以外にも不安要素がたくさんあり、役を生きることにずいぶん苦労しました。
もちろん、加齢のため、なかなかセリフが身体に入らないことも事実ですが。

初日が開いてお客様に助けられました。今回ほどその感を強く持ったことはありません。5日間8ステージという強行スケジュールではありましたが、日一日とお客様の反応で〝これでいいのだ、良いに違いない〟と必死の日々を重ねていたらあっという間に楽のステージも終わってしまいました。
役者人生で初めて次の仕事が入っていない日を迎えております!

治療方法が無いと言われている、放射線治療による後遺症 骨髄炎。
しかしなんとか今の状態を維持し、〝一緒にやろう〟と声をかけてくれる人が現れることを願って、体力の維持に努めたいと思っております。また、来年の12月までにこの西麻布を出るための資金稼ぎのため、しっかり働きたいと思っております。

夜はたぶん家で飲んでいるはずなので、どうぞ遊びに来てください。

今回は浅草九劇という馴染みのない劇場にもかかわらず、ものすごく多くの方が駆けつけてくれたこと、本当に本当に感謝しております。

 

三田村

2018-09-25 | Posted in ブログNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 103